騒音被害軽減のための防音工事に対する助成

防音工事と言えば、最初に思い浮かぶのが飛行機の騒音被害です。南関東防衛局では、防衛施設周辺の住宅、設備環境に対する法律に基づき、米軍や自衛隊の飛行機の運用にあたり、騒音被害を軽減するために、お住まいの住宅に対し防音工事に対し助成を行っていますが、規定があります。
希望者から国へ希望届を提出していただき、国が色々と審査し、認められた希望者のみが、補助金の対象になります。
補助金の金額ですが、限度額がもうけられていますので、それを超えた場合、自己負担になります。

あと騒音問題を解決する為に、少量の予算しかかけられない場合、段階的に防音工事を行っていくのは効率的です。
なぜなら、途中段階で問題が発生した場合に、解決してしまうことがあるからです。工場の新築工事の際では是非、設計段階ご相談ください。設計段階での防音計画で、その費用を低コストに抑えることが可能です。
現状の把握には、いくつかのポイントがあります、近隣の住宅等が遠い場合は、比較安価な工法で終わります、又どこから騒音が漏れてるかを調査することにより防音工事が計画的にできます。

スタジオ防音.com

増えている騒音被害

そのほかに、スタジオの防音室を作りたい、自宅にプライベートスタジオを作りたい、工場や公共施設の騒音を軽減したいとか、多種多様であります。
騒音の苦情は最近増えています。騒音についての住民の意識等が、騒音規正法の遵守や罰則が、環境基準も厳しくなっております。それから、 現状の把握が出来たら、近所の方々に防音計画を説明し、ご理解して頂くことが、とても重要です。